FC2ブログ

洋菓子工房年輪舎「年輪の四方山話」

北海道深川市の「洋菓子工房年輪舎」スタッフ年輪のブログ。手焼きバウムクーヘンと手作り洋菓子のお店です。
2019年09月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2019年11月
TOP四方山話 ≫ さくらんぼの仕込み 2016

さくらんぼの仕込み 2016

当店の、冬の人気商品「深川産さくらんぼのボンボン」。
「パティシエ自ら収穫し、新鮮なさくらんぼをその日のうちに洋酒に漬け込む」という、なかなかレアな(?)一品。このボンボンに使うさくらんぼを、先日収穫してきました。

お子さまたちとわいわいぎゃーぎゃー狩り食べるイベントとは趣きが異なり、ボンボンに使用するためのさくらんぼ狩りは、ダンナが早朝から一人で黙々と収穫するという完全お仕事モード。

当店のさくらんぼのボンボンに使用するのは「ナポレオン」という品種です。

☆☆ナポレオンについて☆☆
ナポレオンはその名前からイメージできるようにヨーロッパで人気がある品種です。ナポレオン・ビガロやロイヤル・アンとも呼ばれています。佐藤錦を初め、いくつもの優良品種の親になっています。
果実はハートを縦に少し伸ばしたような形で、赤黄色をしています。果肉はやや硬く黄白色で、酸味が強いのが特徴です。
旬の食材百貨さんというページから引用させていただきました^^)

IMG_1807.jpg

IMG_1610.jpg

今年は全部で約12キロ。
IMG_1607.jpg

完熟少し手前(熟し具合は企業秘密だそうな)のものを選んで収穫しています。
IMG_1608.jpg

きれいに洗って水気を丁寧にとり、柄の先にある固い部分をはさみで一房ずつカットします。
IMG_1615.jpg

ブランデーとキルシュに、それぞれ漬け込みます。
IMG_1806.jpg

直射日光のあたらない、できるだけ気温が一定の場所に置いて、これから大体12月ごろまで熟成させます。
収穫から約半日、「たぶん、日本で一番新鮮なさくらんぼを使って作ったさくらんぼのボンボン」のもとになるさくらんぼの洋酒漬けの完成です、じゃなくて仕込みが終わりです。

あとは時間がさくらんぼをおいしく熟成させてくれるのを、ゆっくりした気分で待ちます(実際はばたばたと生活しているので、半年はあっという間に過ぎるのですが^^;)。

半年後をお楽しみに~♪
今シーズンも、おいしいボンボンができますように!!

***************************************
洋菓子工房年輪舎
〒074-0002 北海道深川市二条8-24
tel&fax 0164-2-3900
mail info@baum-kuchen.com
ホームページ http://www.baum-kuchen.com/
インターネットショップ http://baum-kuchen.shop-pro.jp/
ツイッター @nenrin_baum
facebook
***************************************

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL