FC2ブログ

洋菓子工房年輪舎「年輪の四方山話」

北海道深川市の「洋菓子工房年輪舎」スタッフ年輪のブログ。手焼きバウムクーヘンと手作り洋菓子のお店です。
2016年07月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2016年09月
TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2016年08月
ARCHIVE ≫ 2016年08月
      
≪ 前月 |  2016年08月  | 翌月 ≫

Yちゃん一家と夏休み その2

2日目は、イトウが住むという聖地・朱鞠内湖を見なければ…ということで幌加内町を経由して名寄方面に行きました。

幌加内町は日本一のそばの産地。この時期はそばの花が満開を迎える少し前で、町内は一面真っ白な花のじゅうたんが広がっていました♪

そばの花畑を撮影するYちゃん。
IMG_1654.jpg

今回、そばの花をアップで撮影するのを忘れました^^;そばは、小さくて真っ白い花が複数よりそって咲いていてとても可憐な感じがします。
しかし!香りがなんというか、人間にとってはあまりよろしくないかも。私も深川に来るまでは全然知らなかったのですが、今の家の裏にそば畑がありそばの花が咲き出してから、「最近なんだかヘンなにおいがするけど??畑のにおいかな??堆肥?」と思っていたら、そばの花の香りでした(笑)そば茶など、実は香ばしくてすごく良い香りがするのに、自然ってほんとに不思議です。もしかしたら、虫(ミツバチとか?)にとってはすごく魅力的な香りなのかも…。
IMG_1655.jpg

幌加内の中心部を抜けて国道275号線を北上し、朱鞠内湖へ。
広すぎて、携帯のカメラでは全貌を明らかにするのは無謀ですが…。
IMG_1659.jpg

透明度が高く澄んだ水。この日は、波打ち際の水温はぬるく感じるほどでしたが、深いところはきっと冷たいんだろうなあ…。冬は全面凍結して、氷上わかさぎ釣りを楽しめます^^
IMG_1658.jpg

朱鞠内湖を後にして、名寄へドライブ。名寄の目的地は「名寄サンピラーパーク」です。こちらのコテージがこの日のお宿。

子ども連れ(Yちゃん家…小1女子、4歳女子・我が家…小1女子、3歳女子)の旅行だと、なんだかんだいって子ども達に振り回されてしまい、大人同士でゆっくり話をする時間は子どもが寝静まった夜しかない…ということにいつもなるので、今回の旅行は全泊コテージを予約し、子どもが寝たあとにリビング部分などでゆっくりビールなど飲み食いしながらダラダラ楽しくおしゃべり(笑)コテージ旅、おススメです♪

まずは公園で遊ぶ…広いったら広いです(笑)遠くに見えている白いものは「ふわふわドーム」。
IMG_1687.jpg

ふわふわドーム。
トランポリンのようにジャンプして遊べます。大人がやってもかなり楽しめます…が、夢中になって飛びまくっていると降りてから足腰ががたがたになり(ダンナ)、さらに三半規管をやられて目が回った人(ダンナ)も^^;
IMG_1664.jpg

ジャンプする人々
IMG_1878.jpg

IMG_1875.jpg

へっぴり腰の人
IMG_1662.jpg

水遊びもできます!
IMG_1665.jpg

室内遊具室(実は広い)もあるので、お天気が悪くても楽しめるかも…。
IMG_1673.jpg

名寄サンピラーパークには、コテージのすぐそばに天文台とプラネタリウムがあります。友達のRくん一家が以前ここへ行って「天文台とプラネタリウム、おススメだよー」と教えてくれたので、「子ども達の情操教育?のためにも!」と夜は星を見に行く予定も盛り込んでいました^^
IMG_1684.jpg

天体望遠鏡で星をたくさん見せていただいたのですが、土星のわっかが見えたり、夏の夜空の代表的な星座「はくちょう座」「こと座」「わし座」いわゆる夏の大三角、「球状星団M13」などなど、子どもよりむしろ大人のほうが大興奮!なひとときでした(笑)←昔学校で習ったけど全部忘れたなあー、っていうかそもそも覚えてなかったのかも?と思ったひとときでもあった^^;

その3につづく…

***************************************
洋菓子工房年輪舎
〒074-0002 北海道深川市二条8-24
tel&fax 0164-2-3900
mail info@baum-kuchen.com
ホームページ http://www.baum-kuchen.com/
インターネットショップ http://baum-kuchen.shop-pro.jp/
ツイッター @nenrin_baum
facebook
***************************************