FC2ブログ

洋菓子工房年輪舎「年輪の四方山話」

北海道深川市の「洋菓子工房年輪舎」スタッフ年輪のブログ。手焼きバウムクーヘンと手作り洋菓子のお店です。
2012年12月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2013年02月
TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2013年01月
ARCHIVE ≫ 2013年01月
      
≪ 前月 |  2013年01月  | 翌月 ≫

1月17日

今日は1月17日、阪神・淡路大震災から18年です。
記憶は鮮明なのに、時間だけがどんどん経ってしまうなあと思います。
揺れたあとすぐに自宅(尼崎と隣接した淀川区)は停電したので、車庫でクルマのラジオを聴きましたが、ほとんど情報がなかったことがとても記憶に残っています。

地震のとき、色々なことがありました。
神戸在住だった友人に、地震から1ヶ月ぶりに会えたとき、
「大変だったね。めっちゃ揺れて怖かったね。」
と言ったら、すごく気分を害されてしまいました。

「西宮や尼崎(兵庫県の阪神地域)も被災したというけど、神戸に比べたら全然大したことない。まして大阪の人に怖かったと、わかったようなことを言われたくない。」
というようなことを言われました(でも、私も怖かった)。

阪神・淡路大震災は、活断層地震だったので、同じ市内でも場所によって被害の差が大きく、同じ理由から断層の上にあった場所は神戸からは距離のある大阪でも、ごく一部ですがかなり被害が大きかったようなのですが、とてもそんなことは言えませんでした。

そのとき、心から言葉にしたつもりでも、相手の経験したつらさや衝撃が大きすぎると届かないことはあるんやな、とか、「●●に住んでいる人だから被災した(していない)」といってひとくくりにして見たらアカンな、とか、色々なことを思いました。

そういう経験があるせいか、私ができるのは、当時も今も募金だけです。
ボランティアなどできればいいと思うのですが、自分が不用意に口にした言葉で、(被災された)誰かの気分を害したらいやだなとか、なんというか、「人の気持ちに共感して寄り添うということはとても難しい」とつくづく思ってしまいます(考えすぎかもしれないけど)。

日本に住んでいる限り、地震からは逃れられないので、防災意識をちゃんと持って備えなくてはいけませんね。
過去にあった災害を忘れないことも、とても大切なことだよな、とありきたりですがつくづく思います。

-----------------------------------------
洋菓子工房年輪舎
〒074-0002 深川市二条8-24
tel & fax 0164-22-3900
ホームページ:http://www.baum-kuchen.com/
ツイッター:@nenrin_baum
facebook:http://www.facebook.com/ka0ruk0526
-----------------------------------------