バウムクーヘンの販売状況につきまして

今日も雨模様の深川地方。
そろそろ初雪…の声もちらほら耳にするようになりました。
お天気がよければお休みの日に紅葉を見に行きたいな…と思っていたのですが、なかなかお天気に恵まれません(><)

さて、バウムクーヘンの販売状況につきましてお知らせ致します。
今週より、ご予約の数も落ち着いて参りまして、平日は翌日お受け取りでご予約をいただけるようになりました^^
土曜日、祝日はご予約が多数の日もございますので、お問い合わせいただければ…と思います。

店頭では、これまた日によってかなり差が激しいのですが、午前中に完売してしまう日と、午後遅くまで残っている日があり、まちまち…といった状況です。
平日は、午後まである日も多くなっておりますので、平日でも大丈夫!とのお客様は、平日にのぞいていただけますと幸いです。

土曜日、祝日は店頭のほうも割りと早く完売してしまうことが多くなっております。
お日にちがお決まりのお客さまは、お電話でのご予約も承っておりますので、ぜひご利用くださいませ。

ネットショップも準備に入りました^^
また進捗状況をお知らせ致します!

-----------------------------------------
洋菓子工房年輪舎
〒074-0002 深川市二条8-24
tel & fax 0164-22-3900
ホームページ:http://www.baum-kuchen.com/
ツイッター:@nenrin_baum
facebook:http://www.facebook.com/ka0ruk0526
-----------------------------------------

いちじくとレモンのジャムができました^^

大阪、行ってきました^^お休みをいただき、ありがとうございました♪
とても素敵な結婚式の様子&楽しい旅行記は、後日必ず書きます(なんか言い訳?)笑。

今日は、いちじくとレモンのジャムをご紹介致します。

先週の水曜日に、前述のしんおか農園(和歌山県かつらぎ町)のTちゃんからいちじくとレモンを送ってもらい、いちじくとレモンのジャムを作りました!!
いちじくは、しんおか農園さんでは作っていないそうなので、ご近所の農園が販売しているものを。レモンはしんおか農園さんのものです~♪
Tちゃん、またまたありがとう^^

121025_1404~01
今回はいちじく約50個分のジャムを作ります。(ちょっと私が生食でいただいてしまったので、約50個^^;)

121025_1416~01
銅なべでじっくり炊いていきます。
レモンはしぼって、果汁を最後に加えます。

121025_1447~01
ことこと炊いて、約40分。あざやかな宝石のような紫色のいちじくとレモンのジャムができました♪

いちじく独特のこっくりとした甘みがぎゅっと濃縮されたまろやかな口当たりに、レモンの酸味と少しだけ苦味がアクセントになり、「甘くってさわやか」なジャムができました~。

121030_1359~01
ラベルも手作りしてみました^^

121030_1406~01
いちじくは、食物繊維やポリフェノール、ビタミンB1などが豊富で、美容と健康に効果的…だとか。
女性にはとても嬉しい果物ですね★

和歌山県かつらぎ町の農園直送 いちじくとレモンのジャム
ヨーグルトやパンと一緒に、またお料理の隠し味にもオススメです♪
紅茶にいれてもおいしいよー!と、前のお店のお客様がおっしゃっていました^^

いちじくのシーズンももうすぐ終わりなので、もちろん期間限定、そして数量も限定です!

-----------------------------------------
洋菓子工房年輪舎
〒074-0002 深川市二条8-24
tel & fax 0164-22-3900
ホームページ:http://www.baum-kuchen.com/
ツイッター:@nenrin_baum
facebook:http://www.facebook.com/ka0ruk0526
-----------------------------------------

コーヒーのご案内

coffee.jpg

当店で販売しているコーヒー、網走「はぜや珈琲」さんが、当店のために作ってくださった”年輪舎オリジナルブレンド”です。

当店のお菓子にぴったり合うようなコーヒーを…と、店主の山本竜太さんにブレンドしていただきました♪

はぜや珈琲さんとは、もう20年近いお付き合い。奥様と私が大学で同期生でそのころからのお友達です。
店主の山本さんは、毎年のように東南アジアや時には南米にも足を運び、コーヒー豆の産地を自らの目で見学するなど、コーヒーに対する愛と情熱とこだわりは、もうとっても深い!御方です。

当店(というか欧風洋菓子フレンド)のバウムクーヘンやお菓子をとっても愛してくださって、このたびのオープンにも色々な支援、アドバイスなどなどいただき、たくさんお世話になっています。

もちろん私たちも、はぜやさんのコーヒーの大ファンで、ぜひお店で販売したいと考えていました。
一度飲んだらもう、なかなか後戻りのできない、素晴らしいコーヒーです(>▽<)

年輪舎オリジナルブレンド…100グラム 600円(豆・粉両方ございます)で販売しております。
コーヒーがお好きな方、ぜひ一度お試しくださいませ。

-----------------------------------------
洋菓子工房年輪舎
〒074-0002 深川市二条8-24
tel & fax 0164-22-3900
ホームページ:http://www.baum-kuchen.com/
ツイッター:@nenrin_baum
facebook:http://www.facebook.com/ka0ruk0526
-----------------------------------------

秋の味覚

CAAF39LM.jpg

突然ですが、いちじくです。
少し前になりますが、大学時代の友人Tちゃんに和歌山から送ってもらいました^^Tちゃんありがとう、ありがとう!!!

私は、いちじくが大好きなのですが、残念ながら北海道ではいちじくはあまり出回っていないのです(涙)
百貨店では売っているとか、卸売市場に行くと売っているとか、お話は聞くのですが、スーパーなどでは見たことがありません。

いちじくは、大阪の地元のあたりではわりと普通にそのへん(堤防とか、よそのおうちのお庭とか)に木があって、秋になると実がなっているのを見かけました(中学生のとき、友達が「帰り道によその家のいちじくをおやつに食べていた」と白状していた…)。
私が以前住んでいた大阪市北部は、近畿ではいちじくの一大生産地である兵庫県川西市からすぐ近くだったので、時期になると「川西産朝採りいちじく」がばあーっとお店に並んでいて、毎年むしゃむしゃ食べていました(笑)

そして、毎年この時期、お店では「いちじくジャム」を炊いて販売していました。
生食もおいしいですが、ジャムにすると、ダンナいわく「生食特有の雑草の味が消えて、おいしいところだけが味に出る(雑草?)」。
雑草かどうかはともかく(そんなこたあない!!)、いちじくのジャムは紫色があざやかでこれまためっちゃ美味しいのです!!

実はひそかに、いちじくジャム製造に向けて、水面下で動いている当店(笑)
天候(関西地方の)に恵まれれば、来週にはジャム用のいちじくがやってくる…かも。

CAI94TQ1.jpg
こちらは、いちじくと一緒に送ってくれた、柿と栗!!
Tちゃんの実家はしんおか農園という農園を経営されていて、彼女もそこで働いているのですが、こちらの柿と栗はしんおか農園さんで採れたものだそうです^^

この柿が、これまためっちゃくちゃ甘くて、私の人生で食べた柿の中で一番甘いと思いました(>▽<)
あまり柿は好きではない、といつも言っているダンナが、「この柿、めっちゃうまい!!」とむしゃむしゃ食べていたほど。
栗もほくほくで、さすが農園の果物!すごい実力で、本当に感動しました^^

Tちゃん色々ありがとう!
またお世話になります♪
よろしくお願いします。

-----------------------------------------
洋菓子工房年輪舎
〒074-0002 深川市二条8-24
tel & fax 0164-22-3900
ホームページ:http://www.baum-kuchen.com/
ツイッター:@nenrin_baum
facebook:http://www.facebook.com/ka0ruk0526
-----------------------------------------

定休日変更のお知らせ…

今月末の定休日につきましてお知らせです。

29日(月)もお休みをいただくことにしました…。
大阪に行くのは26日~28日。
28日は早い時間に帰ってきて、午後遅くに製造(注・ダンナが)、29日から営業しよう!と思っていたのですが、飛行機の空席の関係で、帰宅が28日午後になってしまいました…(><)

ということで、29日は一日休業させていただいて、製造に専念することにします^^
30日から通常通り営業して、皆様のご来店をお待ちしております!

<以下余談>

結婚式に出席するなんて久しぶりの我が家(ムスメは人生初)。
とりあえず、服がありません。
買うのか、それともレンタルするのか…。そろそろ手配しなくては。

ムスメは、なんと「フラワーガール(結婚式のときに、新郎新婦さんと一緒に歩いて、花びら?をまく役。子どもがやるそうです)」という大役をおおせつかり、本人はなんだかわかっちゃいないのですが、親は緊張しています^^;

-----------------------------------------
洋菓子工房年輪舎
〒074-0002 深川市二条8-24
tel & fax 0164-22-3900
ホームページ:http://www.baum-kuchen.com/
ツイッター:@nenrin_baum
facebook:http://www.facebook.com/ka0ruk0526
-----------------------------------------

暮らしの風景 9月

お店をオープンしてからというもの、アタリマエですが、以前のようにあちこちお出かけはしておりません(笑)
家庭菜園も放置状態で、なんだかブログにも遊びがありませんね…^^;すみません。

ということで、久々にアルバムの写真をアップしてみました(少ないけど)。

DSC_0624.jpg
こちらは、少し前に撮影したものですが、黄金色の水田。
今は稲刈りがだいぶ進んで、ここの水田ももう刈り取られていました。
深川は米どころ。最近は、品種改良と技術の進歩により、北海道のお米はかなり美味しくなって、全国的に評価が高いのだとか。
新米も出回りはじめたし、ごはんの美味しい季節になりますね!

DSC_0632.jpg
祖母宅にある栗の木。祖母の家には栗の木が何本かあるのですが、この木はまだ実が青色。すでに収穫できた木もありました^^←でも、その木に成る実はあまり甘くないみたいで、他の木に期待がかかります(笑)
ちなみに、祖母宅の栗の木は古く、年月に比例してめっちゃでっかい(高さ4メートルぐらい)。
当然上のほうは剪定や間引きができず、ものっすごくたくさん実がなるのですが、全体的に小さく、なんというか「野栗(こんな言葉あるの?野いちご、みたいな感じ)」という表現がぴったりです。
「お菓子の材料にしたら??」とのお言葉もあるのですが、味も大きさも、材料になるにはちと役不足かも…。でも、祖母宅の秋の風物詩として、毎年楽しくいただいています♪

DSC_0630.jpg
ぜんぜん風景とは関係ないけど、チョコレートスポンジが焼きあがったところ。
オーブンからスポンジが出てくる瞬間、チョコレートとバターの香りがお店いっぱいに広がって、「ああ、食欲の秋だあー!」と叫びたくなったので(笑)←?
こちらのスポンジは、このあとザッハトルテに成長し、お客様のおなかに入れていただいて、幸せな人生を送ることになります(笑)


ケーキ屋さんは、早くもクリスマスを過ぎて、バレンタイン商戦が始まっています(クリスマス商戦はすでに8月からスタートしている)。
とにもかくにも、バウムクーヘンを作りながら、まずはクリスマスのメニューも考えなければ…。

いよいよ、繁忙期に突入します♪

-----------------------------------------
洋菓子工房年輪舎
〒074-0002 深川市二条8-24
tel & fax 0164-22-3900
ホームページ:http://www.baum-kuchen.com/
ツイッター:@nenrin_baum
facebook:http://www.facebook.com/ka0ruk0526
-----------------------------------------
プロフィール

Author:nenrinbaumkuchen
手焼きバウムクーヘンと手作りケーキの店「洋菓子工房 年輪舎」のスタッフ、年輪こと長濱薫子のブログへようこそ^^
お店のこと、日々の生活のこと、なんでも色々書いています。
読んでくださった方に感謝♪
北海道深川市二条8-24
tel&fax 0164-22-3900
ホームページ:
http://www.baum-kuchen.com/
Facebook:
http://www.facebook.com/ka0ruk0526
Twitter:@nenrin_baum

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR